肌にトラブルを抱えている人は皮膚科へ相談しましょう

虫刺されが増えている

カウンセリング

蛾や蛾の幼虫による被害は大都市圏でも多く発生しています。とくにツバキやサザンカにはチャドクガやアオイラガの幼虫が生息しているので注意が必要です。これらの虫に刺された場合は速やかに治療を受けることが大切です。城東区に住んでいる方で蛾や蛾の幼虫に刺された方は早めに城東区の皮膚科で治療を受けましょう。

More Detail

すぐ行ける状態を作る

足元

良い皮膚科を選ぶためには、料金やプランなどを考慮すると共に、その西新宿の医院に専門医が在籍しているかどうかをチェックすることも大切です。そちらで治療を受けた人の体験談なども参考になりますので、色々な情報にアクセスしておきましょう。

More Detail

皮膚科で簡単に取れます

看護師

ほくろ除去は保険適応がきいて手頃な治療費でできますので、ストレスやコンプレックスを抱えて悩む前に、思い切って皮膚科の病院へ相談に行くことをおすすめします。驚くほどあっさりと悩みから解放してくれるはずです。

More Detail

シミ治療に効果を発揮

靴下

処方される塗り薬

顔にシミができると、他人の視線が気になるし、一気に老け込んだ感じになってしまいます。顔にできたシミを確実に治すには、西荻窪の皮膚科の受診をおすすめします。西荻窪の皮膚科では、シミの種類に適した薬の処方を受けることができるのです。中でも需要が高いのが、ハイドロキノン・トレチノインという2種類の塗り薬です。まず、ハイドロキノンにはシミの原因であるメラニン色素の生成を防ぐ働きがあります。そして、トレチノインは肌のターンオーバーを強力に促進する作用があります。この二つの塗り薬をセットで使う事で、高いシミ治療効果があります。ただ効き目が強く出る塗り薬なので、使用する時には必ず医師の指示に従う事が大事です。

正しい使い方

ハイドロキノンとトレチノインは、西荻窪の皮膚科で処方される美白効果が高い塗り薬です。しかし、肌に刺激のある成分が含まれているので、正しく使わないと肌を痛めます。正しくケアするには、まず1日1回、お風呂に入った後の清潔な肌につける事が大事です。特にハイドロキノンは、紫外線を浴びるとシミを濃くする性質があります。なので、絶対に朝に肌に塗布せずに、夜だけ使う必要があります。そして、西荻窪の皮膚科で処方された薬を塗る時は、手ではなく綿棒を使う事をお勧めします。綿棒の先に少量をとり、シミの部分だけに付けるように塗っていくのです。塗布するタイミングは、化粧水や乳液などでお手入れをした後です。先に薬を塗布すると、化粧水や乳液で塗り広げてしまう恐れがあるからです。説明したコツを遵守すれば、必ずシミが治ります。